顧問や指導者がいないチームでも大丈夫!バレーボール上達のためのトレーニングメニュー&練習方法を基礎・基本からコツを押さえてわかりやすく紹介します。

基礎・基本を大切にしたバレーボール上達トレーニングメニュー&練習方法

バレーボール上達トレーニング(アンダーハンドパス) バレーボール上達トレーニング(基礎編)

アンダーハンドパスは動きの中でパスする練習を

投稿日:

バレーボール(アンダーハンドパス)上達トレーニング その4

チャンスボールがどれだけセッターにきちんと返るか

これはバレーボールのゲームの中で非常に重要な要素です。

しかし,どれだけ基礎・基本を大切にして練習を行っても,実際の試合の動きの中で,そのプレーがきちんとできないと意味がありません

どのスポーツでも言われることですが,

練習のための練習では意味がない

からです。

アンダーハンドパスについても,二人組でひたすら向かい合ってパスをするだけでは,試合で活きる練習になるとは言い切れません。

そのため,初歩的なパスの練習であっても一工夫してあげるだけで,実践を意識したトレーニングに返ることが可能になります。

例えば,二人1組でパスをする際に,パスをする選手は,ボールを出す選手の前に立ちます

そしてボールを出す選手が床にワンバウンドすると後方へ下がり,そこから飛んできたバレーボールをアンダーハンドパスするのです。

ワンバウンドからのアンダーハンドパス

ワンバウンドからのアンダーハンドパス

これは試合中におけるチャンスボールの際にブロックから下がって,セッターへとパスを返す動きと同様のものです。

この時,下がる選手はバック走ではなくて,体を半身にしてクロスステップで下がることが重要です。

野球で言うと,フライを下がりながら追いかけるのと同じフォームです。

半身で下がる体の使い方を身に付けよう

半身で下がる体の使い方を身に付けよう

また,下がったのちにパスを出すと体重が後ろにかかりがちになります。

そうするとこれまで練習してきた正しい体重移動を行えず,手だけでボールを出すことになってしまい,バレーボールの飛距離が足りなかったり,ドリブルしやすくなったりします。

速く後ろまで下がって,きちんと止まったのちに,後ろから前へと体重を移動しながらパスを出す意識を持って練習することが大切です。

この練習のバリエーションとして,ボールを出す側は選手の正面ではなく,少しずつ左右にボールを散らしたりするパターンも有効です。

以上のポイントを大切にして,アンダーハンドパスの上達を目指しましょう。

-バレーボール上達トレーニング(アンダーハンドパス), バレーボール上達トレーニング(基礎編)
-, , , , ,

Copyright© 基礎・基本を大切にしたバレーボール上達トレーニングメニュー&練習方法 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.