顧問や指導者がいないチームでも大丈夫!バレーボール上達のためのトレーニングメニュー&練習方法を基礎・基本からコツを押さえてわかりやすく紹介します。

基礎・基本を大切にしたバレーボール上達トレーニングメニュー&練習方法

バレーボール上達トレーニング(サーブカット・サーブレシーブ・キャッチ) バレーボール上達トレーニング(基礎編)

サーブカットは目線の高さを一定に

投稿日:

バレーボール(サーブカット)上達トレーニング その3

変化するサーブをどうすればきちんと返球できるのか?

これは多くのバレーボール選手にとって悩みだと思います。

答えは経験値!練習あるのみ!

と言ってしまえばそれまでですが,それではこのHPの意味がありません。

無回転サーブの変化に対応するために大切なのは,動き出しからキャッチの瞬間まで目線の高さを一定にすることです。

目線の高さを一定に

目線の高さを一定に

変化するバレーボールとレシーブする選手の両方が不規則に変化していてはセッターに返球するのは難しいですよね。

レシーブする選手の方は極力,変化を小さくして,バレーボールの変化に対応しようということです。

ではどうすれば目線の高さを一定にできるのか?

ポイントは腰の高さを一定にすることです。

試しにやってみてくださいね。

腰の高さを上下に動かして,目線の高さを一定に保つのは無理ですよね。

逆を言えば,バレーボールの落下地点に入るときも,腰の上下動を極力少なくした状態で,前後左右に体を動かすことができれば目線の高さを一定にしてレシーブ体制に入れます。

これが簡単なようでなかなか難しい。

まずはボールがない状態で腰の高さを保ったまま,前後左右に動くシャドウトレーニングをしてみましょう。

このとき,足の出し方は剣道と同じイメージです。

もし,右足を前に出したら左足は右足に沿えるようにセットで動かします

つまり,普通に歩くように,右足より前に左足を出してはダメということです。

言い換えるなら,前後左右,どこに動く場合も足がクロスステップにならない,先に出した足を次に出す足が追い越さない,状態です。

横に動く場合はサイドステップですね。

ネットに向かって構えた状態から,「右!(左・前・後ろをランダムに)」「1,2,3」の掛け声とともに足を運ぶトレーニングが有効です。

「右」と言われたら選手は右に1歩踏み出します。

「1」で1歩目,「2」で反対の足を添える,「3」で静止してレシーブするイメージです。

このときに,身長にもよりますが,目線の高さをネットの下の白帯に合わせて動くイメージを持つと,自分の目線が一定なのかどうか,確認できながら取り組めます。

なかなかトレーニングをしている選手自身では目線の高さが一定に保てているのかわかりにくい部分もあるので,外から見てしっかりアドバイスしあいましょう。

以上のポイントを大切にして,サーブカットの上達を目指しましょう。

-バレーボール上達トレーニング(サーブカット・サーブレシーブ・キャッチ), バレーボール上達トレーニング(基礎編)
-, , , , , , , , ,

Copyright© 基礎・基本を大切にしたバレーボール上達トレーニングメニュー&練習方法 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.