顧問や指導者がいないチームでも大丈夫!バレーボール上達のためのトレーニングメニュー&練習方法を基礎・基本からコツを押さえてわかりやすく紹介します。

基礎・基本を大切にしたバレーボール上達トレーニングメニュー&練習方法

バレーボール上達トレーニング(サーブカット・サーブレシーブ・キャッチ) バレーボール上達トレーニング(基礎編)

サーブカットは文字通りキャッチの練習を

投稿日:

バレーボール(サーブカット)上達トレーニング その2

ボールの落下地点に入り,腕を振らずにレシーブする。

この理想的な形を頭では理解できていながら,なかなかうまくできないのがサーブカットです。

チャンスボールに比べてボールのスピードが速いうえに,無回転で変化するからですね。

そこで今回は,この理想の形を体に覚えさせるための練習を紹介します。

それは飛んできたサーブをレシーブするのではなく,文字通りキャッチする練習です。

レシーバーは飛んできたサーブの落下地点に入り,バレーボールをおへその前でキャッチするようにします。

このとき,サーブは少し緩めに打ったり,ボールが変化しないように逆回転で打ってあげたりできると,落下地点に正しく入る,というこの練習の一番押さえたいポイントからブレずに練習ができると思います。

ここで大切なのはキャッチの仕方です。

レシーバーは両脇を締めて肘より上の部分は体の横にピタッとくっつけたままにします。

この姿勢のまま,飛んできたサーブの落下地点に入り,バレーボールがおへその前まで来たら,左右からボールをパチンと挟むようにキャッチするのです。

バレーボール キャッチのイメージ図

バレーボールをおへその前でキャッチするイメージ図

(↑肘を畳むイメージはこんな感じ。膝は中に入ってはだめですね。しっかり両足を開いて踏ん張れるフォームでボールが落ちてくるのを待ちましょう。)

このトレーニングの一番の目的はボールの取り方に制約を加えることで,正しい落下地点に入り,正しいタイミングでバレーボールを触る感覚を身に付けることです。

逆を言えば,サーブに対して正しい落下地点に入らず,体の正面でない部分でボールをしっかり待たずに迎えに行って腕を振ってレシーブしがちだからです。

とにかく,おへその前でボールをキャッチするためには体の正面にボールが来るように足を動かします。

おへその前でキャッチするためにはボールがおへその前まで落ちてくるのをじっと待つ必要があります。

この2点を徹底的に意識して体に動きを覚えさせるのです。

しっかり上のポイントを意識しながらやらないと,無意識のうちに体の外でキャッチしたボールをキャッチした後におへその前に持ってくる,なんてことが起こりがちです。

それじゃドッジボールの練習にしかなりませんので,ご注意を。

以上のポイントを大切にして,サーブカットの上達を目指しましょう。

-バレーボール上達トレーニング(サーブカット・サーブレシーブ・キャッチ), バレーボール上達トレーニング(基礎編)
-, , , , ,

Copyright© 基礎・基本を大切にしたバレーボール上達トレーニングメニュー&練習方法 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.